沼津・富士の新築注文住宅・高性能デザイン住宅の工務店
カタログを請求する

カタログを請求する

イベントの予約をする

イベントの予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

カタログを請求する

カタログを請求する

イベントの予約をする

イベントの予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

静岡県富士市をハザードマップで見てみよう!地盤が強い土地、弱い土地は?注文住宅を建てる際の土地選びのポイント

家づくりノウハウ
公開日:2023.11.27
最終更新日:2024.01.15
家づくりノウハウ
公開日:2023.11.27
最終更新日:2024.01.15

静岡県富士市をハザードマップで見てみよう!地盤が強い土地、弱い土地は?注文住宅を建てる際の土地選びのポイント

黒板に書かれたポイントの文字と電球のイラスト
注文住宅は、理想の暮らしを実現する家づくりをできることが最大のメリットです。これらを実現するためには、どんな土地に家を建てるかが重要なポイントとなります。
土地選びではその土地の立地や広さ・形だけでなく、水害や土砂災害、津波や液状化などのリスクの有無をあらかじめ知ることも重要な要素です。

では、静岡県富士市で注文住宅を建てるときの土地選びでは、どのようなことに注意していけばよいのでしょうか?本記事では、静岡県富士市で公開しているハザードマップの情報や、ハザードマップから読み取れる土地の特性、住宅を建てるうえでの対策等について解説します。

目 次

富士市で公開しているハザードマップとは

ハザードマップ、防災地図のイラスト
富士市で公開しているハザードマップは、以下のとおりです。

・富士川 (釜無川を含む) 洪水浸水想定区域(想定最大規模)
・潤井川 洪水浸水想定区域(想定最大規模)
・沼川 洪水浸水想定区域(想定最大規模)
・小潤井川 洪水浸水想定区域(想定最大規模)
・赤淵川 洪水浸水想定区域(想定最大規模)
・高橋川 洪水浸水想定区域(想定最大規模)
・津波避難マップ地図面(元吉原地区)
・津波避難マップ地図面(田子の浦港周辺地区)
・津波避難マップ地図面(田子浦地区)
・富士市防災マップ

富士市は、静岡県の東部地域に位置しており、市の北側に富士山、南側は駿河湾に面するなど自然環境が豊かな自治体です。富士川に代表されるいくつもの河川が市内を流れる富士市は、水資源が豊富なため古くから製紙業が盛んに営まれています。
また、2022年の年間平均気温は平均17℃と暖かい気候です。晴天日が比較的多いのですが、年間の降水量は2,000㎜を超えています。

参考元:富士川 (釜無川を含む) 洪水浸水想定区域(想定最大規模)
参考元:潤井川 洪水浸水想定区域(想定最大規模)
参考元:沼川 洪水浸水想定区域(想定最大規模)
参考元:小潤井川 洪水浸水想定区域(想定最大規模)
参考元:赤淵川 洪水浸水想定区域(想定最大規模)
参考元:高橋川 洪水浸水想定区域(想定最大規模)
参考元:津波避難マップ地図面(元吉原地区)
参考元:津波避難マップ地図面(田子の浦港周辺地区)
参考元:津波避難マップ地図面(田子浦地区)
参考元:富士市防災マップ

富士市内で水害が発生しやすい場所

洪水の街
富士市内は複数の河川が流れ、市の南側は駿河湾に面し富士川沿いには活断層が確認されています。また、富士山の噴火による被害想定があるなど、何かしらの自然災害のリスクが想定されるエリアです。よって、富士市に家を建てるときには、これらリスクを考慮した家づくりが必要となります。
なお、富士市内で水害が発生しやすい場所は、主に平地部分の市街地エリアです。JR富士駅や新富士駅周辺は富士川のハザードにかかるエリア、また潤井川の浸水エリアは、富士市役所周辺地域となっています。他の河川のハザードマップを合わせると、平野部のほとんどの地域は水害ハザードの対象地域に指定されています。

富士市内で液状化が起こりやすい場所

液状化による地盤沈下で沈んでしまった住宅イラスト
富士市内で液状化が発生しやすい場所は、おおむね市の南部です。JR吉原駅や田子の浦駅周辺、東海道新幹線の線路沿いが液状化リスクが高い地域となります。
市内を通る東名高速道路より南部地域に関しては、液状化のリスクがあると考えておいたほうが良いでしょう。

富士市内で津波リスクがある立地とは

住宅のミニチュアと洪水ハザードマップ
富士市は、海岸線沿いに約8mの高台が連なる特殊な地形をしています。よって、津波は海岸線からではなく田子の浦湾から侵入して周辺に広がると想定されています。
つまり、周辺地域については河川から越水した津波の被害に遭う可能性があるでしょう。

富士市内の高台エリアは?

市内の標高差は、海岸線から富士山まで実に3,680mあります。海から離れて北部地域に行くほど標高が高くなるため、津波リスクや液状化、水害ハザードのリスクが少ない高台エリアとなります。
しかし、いくら高台で安全とはいえ市街地から離れると生活は不便です。お子様がいるのであれば公共交通が使いやすい地域が良いでしょう。
よって、JR身延線沿線の富士根駅や入山瀬駅周辺が比較的リスクが少ない高台エリアです。

注文住宅を建てるときの水害対策とは

大きな窓が特徴的な白と黒の外観
富士市の市街地で注文住宅を建てるときは、水害のリスクは避けて通れそうにありません。よって富士市内で家づくりを進めるなら、水害対策を行うのが得策です。
以下は、注文住宅建設時にできる水害対策となります。

盛土を行う

対策の一つ目は、盛土を行うことで敷地内への水の侵入を極力防ぐ方法です。
面する道路より敷地が少しでも高ければ、水の侵入を防げる可能性が高まります。盛土で敷地自体のかさ上げができれば、水害対策になります。

建物をピロティ方式にする

対策の二つ目は、建物自体をピロティ方式にして1階部分を地面より高くする方法です。1階部分が地面に接していない分、建物自体への水の侵入を防げます。

1階部分を防水仕様にする

対策の三つ目は、1階部分を防水仕様にすることです。1階部分は木造ではなくRC壁などにすることで、水自体の侵入や漂流物などによる建物の損傷も防げます。

富士市内で注文住宅を建てるなら株式会社ハウスプランへおまかせください

白タイルのアイランドキッチン
株式会社ハウスプランでは、自然災害のリスクに備えた家づくりや省エネ性の高い住宅、誰もが長く安心して暮らせる住宅を目指しています。
さらに、高断熱・高気密で耐震性に優れた住宅を、皆様の手が届く範囲の金額でご提供しています。また、建物のデザインは誰もが羨むようなデザイン性の高い住宅ばかりです。
富士市内で注文住宅を検討するなら、ぜひ株式会社ハウスプランへご相談ください。
#静岡県富士市#省エネ住宅 #注文住宅 #新築 #土地 #R+house #家づくりの基礎知識 #デザイン #性能 #地盤 #災害 #工務店

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

家づくりノウハウ
2024.01.15

沼津市をハザードマップで見てみよう!
地盤が強い土地、弱い土地は?注文住宅を建てる際の土地選びのポイント

家づくりノウハウ
2024.01.15

静岡県富士市の土地価格・相場は? 今後の価格推移も予想!注文住宅を建てる際の土地選びのポイント

家づくりノウハウ
2024.01.15

静岡県沼津市の土地価格・相場は? 今後の価格推移も予想!注文住宅を建てる際の土地選びのポイント

お金
2024.01.28

静岡県沼津市に住むなら知っておきたい子育て支援制度とは?助成金の内容や手続き方法を紹介

前へ
住宅ローンについて
沼津市をハザードマップで見てみよう!
地盤が強い土地、弱い土地は?注文住宅を建てる際の土地選びのポイント
次へ
住宅ローンについて
沼津市をハザードマップで見てみよう! 地盤が強い土地、弱い土地は?注文住宅を建てる際の土地選びのポイント

おすすめの施工事例
こだわりの理想のマイホームをご紹介します。

お客様の声
いただいたお客様の声を紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

住まいをマナブちゃんねる
Youtubeで公開している動画をご紹介します。

Instagramで投稿している写真をご紹介します。

個別相談
個別で家づくりのご相談を承ります。

株式会社ハウスプラン
住所
静岡県 沼津市下香貫清水2140-3
営業時間
08:00~18:00
休業日
水曜日、GW・年末年始